ノルバスク製造の会社

ノルバスクの半減期

生活習慣病という言葉がすっかり定着しました。
中でも、高血圧症を患っている人の数が多く、推計では4,300万人を超えているとも伝えられています。
自覚的な痛みやだるさがないだけに、高血圧症への意識が低くて、治療にも予防にもあまり熱心でない人が多いのが現実です。
ただ、高血圧症を放置していると、心臓病や脳梗塞など、生命を左右しかねない重篤な疾病につながる恐れがあります。
文字通り、生活習慣としての食事から塩分を減らすような取り組みも推奨されています。
実際に高血圧症に悩んでいる人には、治療薬が多く出されています。
中でも、ノルバスクは非常に広く服用され、相応の降圧効果をあげているのも事実です。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬のカテゴリーに属する医薬品です。
カルシウム拮抗薬の効能として、血管そのものを広げる働きがあります。
血管が広がることで、血管にかかっている圧力が減ってくるというメカニズムなのです。
この流れで、高血圧症を治療いたします。
ノルバスクの特徴として、まずは、副作用が少ないことがあげられます。
一般に、カルシウム拮抗薬の副作用に、顔面紅潮や顔のほてりなどが指摘されていますが、ノルバスクの場合は、他のカルシウム拮抗薬に比べて、こういった副作用が少ない点で、医師からの評価も高いのです。
いま一つ、ノルバスクの特筆すべき性質として、効果の持続時間が長い、ということがあります。
正常な血圧の維持というのは、1日中、ずっと保たれていないといけません。
そのために、薬が作用している時間が長いことが、求められるのです。
ノルバスクの場合は、半減期が約36時間という長さを誇っています。
効果が長続きするわけです。
1日1回の服用で効果を期待できますので、患者にとっても管理がやりやすいです。
このような長所があるので、ノルバスクは臨床で広く使用されているのです。

■個人輸入で薬を購入する前に、そのサイト本当に大丈夫ですか
あんしん通販薬局 詐欺