ノルバスク製造の会社

ノルバスクの発現時間

高血圧症に困っている人は多いです。
高血圧症への対応を怠っていると、脳梗塞や心筋梗塞などといった致命的な疾病に襲われる危険性もあります。
そんな高血圧症の治療法としては、塩分を大きく削減した食事を習慣づけること、ストレスをためないこと、睡眠をしっかりとることなどのほかに、降圧剤によって対策をとることが有効であるとされています。
治療薬に関しては、ノルバスクが登場して以来、非常に熱い注目を集めています。
ノルバスクは、第三世代カルシウム拮抗薬に属する薬です。
カルシウムは血管を収縮させる働きがあるのですが、それを阻止するのがノルバスクなのです。
カルシウムが細胞内へ入ってくることで血管が収縮し、結果として血圧が高くなります。
ノルバスクを飲めば、カルシウムが細胞内へ進入することを防ぎますので、血管が収縮することがありません。
それで、血液が順調に流れ、血圧が正常に保たれるのです。
このようなメカニズムで、脳や心臓、腎臓などの血液循環を改善することにつながります。
強力な降圧効果が、ノルバスクの一番の特徴です。
次の特徴として、効果の発現は穏やかである点です。
ノルバスク服用後、6時間ほどで血中濃度が最大になります。
そして、半減期が35時間ほどですので、効果が非常に長く続く点が高く評価されています。
もし、効果が短時間しか持続しないのであれば、1日に何回も服用しないといけませんが、24時間以上の半減期がありますので、1日に1回だけの服用で事が足ります。
患者に煩雑な服用管理を強いることがありませんので、この点でも好評です。
このようにメプラス点の多いノルバスクは、いまや、非常に広範囲にわたって使用されています。
医師が患者の高血圧症を診断したとき、まず最初に処方する治療薬として、ノルバスクが使われるほどです。