ノルバスク製造の会社

高血圧性脳症を予防するにはサプリメントやノルバスク

「高血圧性脳症」は血圧が異常に上がることによって脳の血流が増えすぎて脳がむくみ、脳障害が急速に進行する病気で、高血圧緊急症の一種とされています。
高血圧性脳症の症状は、頭痛や吐き気、嘔吐、視力障害、けいれん、意識障害などで、症状が重い場合には後遺症が残る場合や死に至ることもある怖い病気です。
高血圧性脳症の原因となる血圧上昇が起こる可能性がある疾患には、コントロール出来ていない慢性高血圧や、妊娠高血圧症候群、急性・慢性腎不全などがあるため、この病気を予防する方法のひとつには、高血圧や動脈硬化を改善して異常に血圧が上昇する可能性を下げるというものがあります。
血圧が高いままで放置していると、高血圧性脳症だけでなく、心筋梗塞などの合併症が起こる危険性もありますので、高血圧を自認している人は病院やサプリメントを利用して血圧を下げるようにするのが健康維持のためにはおすすめです。
ところで、病院での高血圧の治療と言えば、よく使用されている降圧薬としてノルバスクが挙げられます。
ノルバスクは主成分がアムロジピンとなっており、カルシウム拮抗薬というタイプの薬で、心臓や体全体の血流を良くして血圧を下げる働きを持っています。
ノルバスクは効き目が良く安全性も高いため高血圧の治療に第一選択されていますが、医師や患者さんの状態によっては他のタイプの降圧薬が処方されることもあります。
また、高血圧が気になって病院を受診しても、まだ降圧薬での治療を行うほどではないので、生活習慣の改善で血圧低下を目指すことを薦められる場合もあります。
そんな時におすすめなのは、塩分の少ない食事メニューや禁煙とともにサプリメントを併用することで、血圧が高めの人が摂ると効果が期待出来るサプリメントとしてはDHAやEPA、タウリン、ナットウキナーゼなどの成分が入っているものが良いでしょう。