ノルバスク製造の会社

聖マリアンナ医科大学で高血圧治療に漢方やノルバスク使用

高血圧症に悩んでいる人が多いのが、日本の特徴です。
手をこまねいて見ているだけであれば、将来、脳梗塞とか心筋梗塞に見舞われる恐れが十分にあり、そういった意味では、決して油断ができない症状なのです。
日本では、もとより塩分過多の食生活が続いていましたので、そのことも高血圧症が多い原因の一つかもしれません。
厚生労働省でも、塩分摂取量を減らすべく、国民に呼びかけをしています。
また、聖マリアンナ医科大学においても、腎臓・高血圧内科を設けて、特段の対応を図っています。
聖マリアンナ医科大学の考え方として、高血圧と腎疾患とは密接に関連しているので、あえて腎臓・高血圧内科を設置しているのです。
この科では、高血圧を正しく評価し、そして、適切に治療することで、予後の患者の快適な生活をサポートしていこうとしています。
聖マリアンナ医科大学の考えには、多くの共感が寄せられています。
また、医学界の流れてとして、漢方での高血圧症治療を目指す動きもあります。
西洋薬では、確かに大きな降圧効果が得られますが、反面、副作用が恐いという患者も少なくありません。
その点、漢方ですと、効き方は極めてゆっくりですが、無理のない形で効果を出してきます。
ですから、たとえば患者が高齢であるとか、あるいは、軽度の高血圧症という場合に、漢方薬で治療に当たる事例もまれではありません。
とはいいつつも、やはり、即効性のある西洋薬への信頼感は大きいです。
昨今では、ノルバスクが臨床場面で使われることが多くなっています。
降圧効果が高く、副作用が少なく、さらに、効果の持続時間が長いノルバスクは、非常に優れた治療薬なのです。
いまでは、医師が高血圧症であると診断した場合、まず最初にノルバスクを処方することが普通になりつつあります。